So-net無料ブログ作成
検索選択

東急ハンズはどこだ??

新宿南口で待ち合わせ中。

外国の方に声をかけられました。

ナンパじゃありません。

道を聞かれたのです。

東急ハンズはどこ?と。

もちろん、英語でです。

はっきりくっきりと質問は聞こえました。

が、

答えられません。

東急ハンズ??

ここはどこだ??

あ、新宿か・・

ん?新宿に東急ハンズって

あったんだっけ??

なぜか、ロフトが浮かぶ私。

ものすごく難しい顔して、

うーーーーーーーーんとうなる。

道を聞いてこられた外国の方、

思わず、

「Sorry」ですと。

いえいえ、ソーリーは私の方で。。

なんとなく思い出す気がする。

でも他で聞いてもらった方がいいだろうか?

あーーーーーーーっ、わかった!!!

思い出しました。

高島屋内(?!)の東急ハンズ。

そして次の難題。

私はヒアリングはそこそこできる。

しかし・・・・・

スピーキングが苦手というか、

へたくそ。

しかしまあ、めちゃくちゃでも
伝わればいいのさ、と
レッツトライ。

すぐそこだっというのに、
身振り手振りと
ストレートだの、ターンレフトだの、

文章にならぬまま。

でも、どうやら伝わった模様。

(たぶん)

ちゃんと着いたかな~

なんちゃって英語だっていいじゃないか派な
ワタクシですが、

今回は、なんちゃってが過ぎると反省。

やっぱり、簡単な英会話は当たり前に
できるようになりたいものです。


発見、東京の楽しみ。

長らく、東京に住んでいますが、
東京タワーにのぼったことはありません。
 
スカイツリーもありません。
 
ルミネtheよしもと にも行ったことがありませんでした。
 
それが思いがけず、先日、行くことに。
 
行ったのは、東京タワーでもスカイツリーでもなく、

ルミネtheよしもとです。

沖縄から遊びにやってきた親戚を
連れていく、ということで選ばれたのが
ルミネtheよしもと。
 
思いがけなかったのですが、
私も参加。
 
知っている芸人さんは出るのだろうか?
 
おもしろくなかったら、完全に寝るな。。。
 
直前まで仕事でしたし、寝不足気味でしたし、
体調もいま一歩でしたので、事前には
そんな心配をしていました。
 
その日最後の会で、大阪の芸人さんたち
ばかり、16組くらいが次々と。
基本は漫才。ときどきコント。
ピン芸もあり。
 
それぞれ3分の持ち時間で
楽しませてくれました。
 
予想以上でした。
 
予想外ともいいたくなるおもしろさ。
 
ほとんどが知らない芸人さんたちばかり
でしたが、大笑いの連続。
 
正直、テレビでお笑いの番組を見るより
おもしろい。
 
M1ですとか、優勝を競うものではないのが
いいのでしょうか?
 
それとも、みなさま、舞台慣れされている
のでしょうか?
 
すーーーごく楽しい!!
 
と心軽やかに思えたのは、久しぶり。
 
1ミリも、楽しまなきゃと思うことなく
純粋に楽しめました。

・・・いや、最近、ちょっとムリすることが
多くて・・・
 
ヘンでおもしろい、気になる、という芸人さんも
何人か発見。

また観に行こうかしら。

親戚のおかげで、東京の楽しみを
ひとつ、見つけました。


ターニングポイント。

よくわかりませんが、

なんとなく、

今、

自分にとってのターニングポイント

のような気がします。

今年に入って、怒涛の如く押し寄せた波が
ひと区切り。

気持ちがストンと落ち着きました。

何かが途切れた。

何かが切れた。

なんとか頑張ろうと思っていた気持ちが
切れてしまった。

やってみたいという気持ちがから、
もういいや、という感覚に切り替わってしまった。

どのように、手を引くのか、
わかりませんが、

手を引いた後、どうなるのかも
わかりませんが、

やりたくないことに挑戦するのは
もういいのかな、と。

本当なんてわからないし、

合っているのかもわからない。

何を選んでもいいのだと思う。

失敗というのは幻想だと思う。

さて、ターニングポイント。

何か意味ありげに見えるかもしれませんが、

ただたんに、そろそろ飽きた、

そろそろ懲りた、

そんな程度のことかもしれません。

いや、たぶん、きっとそうだ。

今ここで、次の楽し気な展開が
さっぱり浮かばなかったら、

本当に6月末で終わりなのかもしれない。

どうなりますことやら。

こうご期待?!


『植物物語』→『植物図鑑』 ・・間違えました^^; [映画]

ひさ~~~しぶりに映画鑑賞。

『植物物語』です。 →『植物図鑑』 ・・間違えました^^;

観たかった理由がいろいろあるのですが、

久しぶりにかなり、観たいと思った映画。

私にとってツボの多い作品でした。

私はかなり、この映画で泣きました。

このとき居合わせたすべての人の中で
一番だろうと思いますよ。

なぜなら、話の流れ以外の理由で
泣いたから。

多かったツボの中で、より、効くツボがあった、
ということです。

でも、ちゃんとストーリーも楽しみましたよ。

あまりにキュートで、ファンタジックで、

ズルいよ、と思いつつ、

普段はあまり好きじゃないタイプの

恋愛ものを楽しみました。

好きじゃない、というのは、

出木杉(ひらがなに変換して読んでください)なところ。

でも、この映画では、それが合う。

それが不思議でもありました。

予告で、半年の期限で同居と知っていたから、
その後どうなる?といろいろ想像していましたが、

意外な展開。

それもよかった。

やたらと二人がかわいかった。

それも素敵だった。

岩田君ファンへのサービスショット満載
という気もしました。

「やばくて、目そらしちゃった」と近くの子が
友だちに話してました。
 
私はガン見してたけどね。

久しぶりに映画を堪能でき、

植物と触れた感覚にもなり、

けっこう、幸せな時間でした。

また、観たい。

ズートピアも観たい。

映画を月に2~4回くらい見られるように
なりたい。

そんな気分にさせられた

『植物図鑑』でした。


本日は夏至ですと。

うげ、知らぬまに満月が過ぎていた。。。

怒涛の一週間(先週のこと)の間に、

満月があったのですね。

月がかなり丸いとは思っていましたが^^;

急いで、榊とお花を買いに行かねば!

ところで今日は夏至です。

昼間が一番長い日。

とはいえ、日本ではせいぜい7時過ぎごろまで
明るい程度。

ヨーロッパはまだまだ長い。

10時過ぎぐらいで夕暮れどき。

初めて体験したときは、夢見心地。

とても不思議な気分になりました。

いつまでも、この感じを味わっていたい。

ものすごく幸せな時間でした。

そう、10年前だ、10年前の夏至の日は、
北イタリアにいたのでした。

ギフトのような夏至でした。

また、あんな夏至を過ごしてみたい。


特効薬があれば、、

いやな気持ちになりました。

それは、目に見えないけど、

触れたくないものに触れてしまったような感覚。

たとえば、うん〇を触ってしまったら、、、

すぐに石鹸で洗えば、手にはついていない。

でも、触ってしまった感触は残っていて、

しばし、いやな気持ちが続いてしまう。

そういうのに似たもの。

そういうのって時間が過ぎると

その感覚も忘れてしまって、

無理に思い出そうとしなければ、

消えていく、というもの。

だからきっと、数日の間に消えていくだろう、

と思います。

でも、できたら、今すぐ、消えてもらいたい。

今すぐ消える方法を試すけど、

今のところ、まだ続いている。

特効薬があればほしい。

そんな気分です。

せっかくの新月なので

すっきり気分よく過ごしたいものです。

モハメド・アリ。

アリさん、猪木さんの引退試合で初めて「生」のお姿を。

試合はビデオでしか見たことありません。

が、勇敢な人という印象。

アリさんの存在は多くの勇気につながった気がします。

私も何度となく気を引き締めました。

ありがとうございます!

残念ですが、お疲れさまでした。

74歳だったのですね



失敗というヤツか。。。

今日、某著名な方とお電話でお話をしました。

別の某著名な方との対談企画を持ちかけたのでした。

結果、NGとなりました。

理由もちゃんとお話ししてくださったのですが、

お話しをしているうちに、もしかして、断られたのは

私のせいか?と思えてきました。

はっきりはおっしゃいませんが、

私の言動に戸惑われた感が伝わってきました。

あら。。。。。。。

今回、私は、通常ならしない言動をしました。

理由は、なんとしてもこの対談を実現させた方がいい、

と思ったからです。

(私がそうしたい、というのではなく、
その対談による効果を期待する方たちのために、
ということです)

通常ならしないこととして、少し強引に話を進めようと
しました。

少しと書きましたが、お電話でお話した方にとっては、

「少し」じゃなかったかもしれません。

例えば、私が知らない人から、そんなこと言われたら
引くでしょう。

その方のことを私もほぼ、知りません。

どんなことに不安になるとか、

どんなことが好きとか、キライとか、

人とどのように接するとか、

まったく知りません。

だから、どこがNGポイントかもわかりません。

通常なら、控えめに、腰引き気味で
おっかなびっくり。

が、今回は私にしてはかなり前に出た。

その結果、誘いを断られた。

ということは、これは、失敗というヤツか。。。

あぁ、私のせいなのか。。。

まさかの、やってしまったのか。。。

マズイ。。。といういや~~~な感覚。

でも、もう、どうしようもできない。

出してしまったものはもう、引っ込めるわけにはいかない。

あぁ、ごめんなさい。

その方に、そしてその対談を実現させたかった方たちに
申し訳なく思います。

その反面、今までにない体験でもあり、
だから見えてきたこともあり、

私にとっては、失敗ではないのだな~とも。

トライ&エラー

やってみなければわからない。

やってみてよかった、と思ってもいる。

・・・ご本人にお会いすることがあれば、
失礼を改めてお詫びいたしますが。

疲れたけど、いい体験をさせてもらえました。